出産の記録
e0171264_13575250.jpg
先週金曜日、無事退院しました。

10日ぶりの実家。

産院は、ごはんは美味しいし、
夜は看護士さんがミルクあげてくれるから
ぐっすり眠れるけど、やっぱり家がいちばん。

むすこも家の中にママと妹がいることが嬉しそう。

今のところのむすこ、赤ちゃん返りもなくいいこ。

むすめは、日中も夜もほとんど眠っていて、
おっぱい飲むと、すぐにくーっと寝てしまう。
今のところ、かなり手がかかりません。

ふたりめって空気読めるのか!?


e0171264_1404364.jpg
→むすこのときより、髪の毛多い気がする…

入院中は、

前日から絶飲絶食だったり、
麻酔で脊髄に注射打たれたり。

手術中は、
切ったところから頭がなかなか出なくて、
ひっぱられたりおなかをぐいぐい押されたり。

術後は、
次の日、麻酔が残って下半身が動かせず、
寝たきりだったり、
後陣痛がむすこのときより酷かったり、
頭痛や傷口の痛みがなかなかひかなくて


e0171264_1401214.jpg

痛み止めの薬が手放せなかったり。
(くしゃみと笑うことが本気で恐怖!)

普通分娩に比べたら、
ぜんぜんかわいいものなんだろうけど、
弱小者の私にとっては
けっこうヘビーなことばかり…。

でも、無事に元気に産まれてきてくれて
それだけでほんとによかった。


←手も足も、指がけっこう長い。
私に似なかったことだけは確か…



e0171264_1414258.jpg
むすこ、心配していた赤ちゃん返りは見られず、
なでなでしたり、ちゅーしてくれたり。

むすめが泣いていると、「あ・こえ(あ、これ)」と
指さして教えてくれる。

授乳中は、
わざとこちらを見ないようにしているのか、
プラレールをがしがしやみくもに走らせたり。
我慢して、気持ちを紛らわそうとしているのかと思うと、
かなりいじらしい!

なので、むすめが寝ているときは、
ちゅーの嵐でむすこを襲ったり、
嫌がられるまでぎゅーーっと抱きしめたり、
かなりしつこい母ちゃんになってます 笑


e0171264_1423266.jpg
←むすめの名前。

漢字で書くと「栞」。

夫が読書好きなこともあるし、
「道標」という意味もあるので、
私達家族を未来へ導いてくれるように。

あと、英語でいうと「ブックマーク」=「お気に入り」!
みんなに好かれる人徳のある子に育つといいなあ。

今から、
むすめの結婚式に、サザンの「栞のテーマ」を
誰が歌うんだろう!?と
おっとと勝手な妄想を楽しんでいます。


e0171264_1425335.jpg


↑産院に毎日お見舞いに来てくれていた頃。
1歳9ヶ月差。当たり前だけどかなりサイズ感が違う!

夜中、むすめに授乳した後、隣に寝ているむすこを見ると、「でかっ!」
いつのまにか、産まれた頃に比べて、こんなに大きくなっていたんだね。
[PR]
by kimagureusako | 2012-02-20 17:08 | baby


<< 1歳9ヶ月差とおっぱいトラブル 産まれました。 >>