はじめての風邪
e0171264_01154.jpg

ある日の夕方、徐々にむすこの咳がぜーぜー。
夜には、聞いたことのない音(アシカの鳴くような)が
むすこの喉から出てきて、新米かあさんはおろおろ…
聞いているだけで悲痛。

翌日、小児科へ。
「クループ症候群」という病気で喉の風邪、喉頭炎だそう。
「たぶん大丈夫だけど、呼吸困難になったら救急外来行ってください」とのこと。
抗生剤のお薬をもらい、自宅でなるべく安静に。
加湿器で湿度を保ち、上体をちょっと起こして寝かす。

「ゼーゼー」「ゼロゼロ」「ヒーヒー」「ケーンケーン」
ハスキーボイスを通り越して、人間の声じゃないみたいだった。
区内で救急で小児科診てくれる病院を調べて、念のため電話。
「呼吸ができなくなって、唇の色がちょっと紫っぽいと感じたら
迷わず救急車よんできてください。」とのこと。

幸い、そこまで重くならず、今に至ってます。ほっ…
でも相変わらず息づかいはゼーゼーと痛々しい。
泣き声なんて、かすれてるのに必死で声出すもんだからもっと切ない…
早く治っておくれ〜

ちなみに、小児科では7ヶ月健診も。
体重:7800g
身長:68.0cm
と、6〜7ヶ月男児の超標準サイズだそう。

これから、こういう初めての病気をどんどん経験すると思うと、ちょっと怖い。
あたふたしないで冷静に対処できるかどうか…
[PR]
by kimagureusako | 2010-12-17 00:12 | baby


<< 〒ネタ&Birthday baby photo >>