川島雄三監督作品
e0171264_10531498.jpg

「幕末太陽伝」が今年のマイベスト!になりそうなので、川島雄三監督の他の作品も。

「女は二度生まれる」
若尾文子が芸者小えん役。フランキー堺が板前役!
自由気ままで節操のない芸者小えんが、「パパさん」に会ってから、けなげにその期待に応えようと芸を身につけていく可愛さがなんともいえない。
着物姿も、大柄のワンピース姿も可愛い。
フラさんの板前さんも板についていて、ぶきっちょな男っぷりがかわいい。

「しとやかな獣」
ある家族のアパート一室だけしか出て来ない、お芝居みたいな映画。皆がみんなだまし合い、嘘付き合い、家族も他人も、どこまでドライな関係なの?!
怖いくらいに整った美人顔の若尾文子が、割り切った冷たい女役にすごく合ってたし、ストーリーが進むたびに、人間のしたたかさ、ふてぶてしさがどんどん出てきて、始終目が離せませんでした。
[PR]
by kimagureusako | 2009-11-06 10:29 | movie


<< 「大阪ハムレット」 渥美さん主演の… >>